ダイエットの停滞期について

公開日: 

ダイエットの停滞期とは、長期的なダイエットをした人ならば、体感したことが多いはずです。
いくら頑張ってダイエットをしていても、体重がほとんど減らない停滞期は、
本当につらい時期です。

色々なダイエットをしているけれど、途中でやめてしまうという場合、
停滞期でくじけている可能性があります。停滞期の最中に、
ダイエットがうまくいかなかったと感じたという人は大勢いるようです。

ダイエット開始直後は、しっかり体重を落とせていたとしても、停滞期になると体重は減らなくなります。
頑張った分だけ結果が出ていたはずのダイエットが、全くやりがいがなくなってしまって、
気持ちが続かなくなります。

苦手な運動や、好物を食べずに我慢しているのに、体重は減らずむしろちょっとしたことで増えるとなると、
徒労感ばかりが強くなってしまいます。停滞期は体重が5%程度減少する時期に始まることが多いので、
開始から1ヵ月後位になる人が多いようです。

人間は、いきなり体重が5%少なくなると、このペースで体重が減っていると病気になってしまうと思って、
体重減少を減らそうとします。エネルギー消費量を抑えるためには、基礎代謝の少ない体になり、
体脂肪を体に蓄積されようとしますので、太りやすくなります。

停滞期の間にダイエットを終わらせることは体によくありませんので、
停滞期ちゅうの1週間から1カ月はダイエットを続けましょう。

ダイエットがうまくいかないと感じる人は、停滞期でやる気を失うことが多いようですが、
停滞期を何とかすれば、ダイエットはうまくいきます。
でも洗顔ならバルクオムの効果がいいかもですね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑