紫外線対策

公開日: 

肌が紫外線り影響を受けないようにしておくことで、
肌を老化から守ることが可能です。
ただし、しっかりと日焼け対策をしていない時に限って太陽光が強く、
肌が日焼けしてしまうこともあります。

日焼けをしてしまった後の対策で重要になるのは、
紫外線によって失われた水分を補給することです。
長時間紫外線を浴びると、皮膚のキメやハリを維持するための水分がなくなって、
乾燥状態になります。水分不足の皮膚に対して、
何も手を加えずにいると、肌荒れがひどくなったり、シミが増えたりします。

日焼け自体はありふれた出来事ともいえますが、
皮膚が軽いやけどを負っている状態に等しいため、決して油断はできません。
紫外線を浴びた皮膚は、十分に冷やし、保湿力を上げることです。

氷水を袋に詰めて皮膚に触れさせたり、体全体を日焼けした場合は、
浴槽に水を張って全身を冷やすという方法もあります。

目安としては、
肌の赤みや痛みが引いた時点で、水分の補給へ移ります。

日焼けをしてしまった場所は化粧水をつけて保湿をすると同時に、
水分補給をして、体に対しても水を足します。

冷蔵庫に入れておいた化粧水を使うことで、肌の保湿だけでなく、
ほてった皮膚を冷たくする効果もあって、一挙両得です。

日焼けをした場所をしっかり保湿をした後で、
分が蒸発しないようにクリームや乳液を塗っておけば、
日焼け対策になります。
バルクオム

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑